1. Top>
  2. 製品に関する重要情報>
  3. 広告表現に関する取り組みとお願い

広告表現に関する取組みとお願い

広告表現に対する取り組みについて

当社は責任ある製造会社として、広告表現に於ける法令遵守(リーガル・コンプライアンス)をお取引先様にもお願い致しております。

当社は消費者並びにお取引先企業様に対して広く製品のバックデータを公開しておりますが、これらの資料中に記述のある表現が広告表現としては不適切な場合もございます。

例:洗浄剤に於ける殺菌・殺カビ試験結果から、×「殺菌・殺カビ」と表現。○「除菌・除カビ」と表現。
また当社企画書、資料は随時更新しています。過去の文書の中には不適切な表現が含まれている可能性がございますので、広告出稿前に必ず最新版をダウンロードしてください。

広告表現が不適切な場合、関連法により排除命令等の処分を受ける可能性がありますので、適切な表現の実施をお願い致します。

当社製品を広告(カタログ・雑誌・TV・インターネット等)される場合には必ず当社の校正を受けて頂きます様、重ねてお願い致します。

表現・文言について不明な点がございましたら、ご遠慮なくお申し出でください。

主な関連法

薬事法:厚生労働省

不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法):公正取引委員会の景品表示法のページ

社長ブログ
広報ブログ
法人(お取引先様)はこちら
重要情報
新素材のご紹介

OEMのご案内

受託生産のご案内