1. Top>
  2. 会社案内>
  3. 新素材・新原料>
  4. 水成二酸化塩素

新素材・新原料

新素材・新原料ホタテ貝殻焼成カルシウム|水成二酸化塩素|次亜塩素酸水(AP)


水成二酸化塩素

|水成二酸化塩素とは|二次製品技術情報資料・データ

水成二酸化塩素とは

バイオサイド・インターナショナル(U.S.A)

水成二酸化塩素製品は、アメリカのバイオサイド・インターナショナルが開発した特許製品で、類似の製品が安定化二酸化塩素と称しているため、それらの製品と区別するため、我々は水成二酸化塩素と呼称しています。

水成二酸化塩素製品はアメリカで開発され、アメリカ環境保護庁、食品薬品局、農務省に許認可された安全な薬剤であり、世界保健機構(WHO)のリストにも安全性が認められている「A1」グループに登録されています。

二酸化塩素(ClO2)

二酸化塩素は塩素力ではなく酸化作用によって殺菌・制菌・消臭などの働きをする化学薬品で、アメリカ、ヨーロッパでは水道水・飲料水の殺菌・消毒薬として使用されています。

食品が腐敗するということは、それらのものに腐敗菌、バクテリアなどが付着発生しておこる状態であって、これら微生物を殺菌することによって物が腐らないようにし、併せて臭いも分解する働きを持っている製品です。

その殺菌力は、わが国の水道水の殺菌剤として使われている塩素剤に比べて遥かに強力な殺菌力でありながら、塩素製剤に比べて遥かに安全性に優れ、多くの優位性を持っています。

優位性

水成二酸化塩素は病原体と、その温床となるバイオフィルムを素早く除去するための、最も強力な武器であるとの折り紙つきの製品です。

水成二酸化塩素は他の10種類以上の様々な消毒・殺菌剤との比較研究において、最も優れた製品であることが証明されています。(アメリカ合衆国・微生物ジャーナル記載)
各種の他の消毒・殺菌剤との比較データはこちら

水成二酸化塩素はほとんど臭いもなく、設備・機器に対する腐食性が低いことが評価され、特に食品加工業界において利用されています。

水成二酸化塩素は次亜塩素ではありません。従って、塩素剤に見られるTHMs(トリハロメタン)のような塩素化による毒性の副産物の生成などはありません。

水成二酸化塩素は広い領域の微生物に対してその効果が証明されており、特にアメリカ合衆国農務省の研究で、その効力は塩素の7倍以上であることが立証されています。

安全性・規格

水成二酸化塩素は表面サニテーション、レトルト用水処理剤、カビと臭気の抑制剤などとして、アメリカ合衆国農務省の規格、D-2、G-5、P-1にそれぞれ承認されるなど、多くの用法を持つ順応性の高い製品です。

水成二酸化塩素は上記USDA(農務省)、EPA(環境保護局)、FDA(食品医薬品局)の承認を得、かつ登録された安全性の高い製品であり、航空機内の飲料水の消毒薬として認められている唯一の製品です。

社長ブログ
広報ブログ
法人(お取引先様)はこちら
重要情報
新素材のご紹介

OEMのご案内

受託生産のご案内